[ 長期使用製品安全表示制度について ]

「長期使用製品安全表示制度」が2009年4月から施行されました。
本制度は、経年劣化による重大事故の発生率は高くないものの、
その残存台数が多く、長期間使用されることが多いために、
経年劣化による重大事故が一定程度発生している製品について、製造・輸入事業者が、
経年劣化によるリスクの注意喚起を行う表示が義務化されたものです。
具体的には、経済産業省ホームページの製品安全のページに法改正の目的と概要、
ガイドラインで掲載されています。