[ 家庭用洗濯機(洗濯乾燥機除く)の
長期使用についてのお願いとお知らせ ]

電気用品安全法により長期使用製品安全表示制度が制定され、製品本体に「製造年」が表示され、
製品本体・取扱説明書に「設計上の標準使用期間」・「注意喚起文」が表示されています。
長年ご使用の家電製品は、熱、湿気、ホコリなどの影響により
経年劣化による発火・けが等の事故に至る恐れがあります。
ご使用中に次のような症状がみられる場合は、電源スイッチを切り、コンセントから電源プラグを抜いて、
お買上の販売店または下記相談窓口へご相談ください。

ご使用中の症状例

  • 1脱水中に蓋を開けても、15秒以内で止まらないことがある。
  • 2給水ホース、蛇口の継ぎ手から水漏れや洗濯機の床面に水漏れの痕跡がある。
  • 3焦げくさいにおいがする。
  • 4スイッチを入れても、動かない。
  • 5長年、電源プラグを挿したままになっていて、ホコリや湿気がたまっている。
  • 6アース線がアース端子に確実に取り付けられていない。
  • 7運転中に異常な音や振動がする。
設計上の標準使用期間 7年
設計上の標準使用期間 運転時間や温湿度など標準的な使用条件(日本工業規格 JIS C9921-4)に基づく経年劣化に対して、製造した年から安全上支障なく使用することができる標準的な期間です。設計上の標準使用期間は、無償保証期間とは異なります。また、一般的な故障を保証するものではありません。
経年劣化 長期間にわたる使用や放置にともない生ずる劣化をいいます。設置状況や環境、使用頻度により異なります。また、業務用などの本来の用途以外で使用された場合は、7年より短い期間で故障したり、経年劣化による発火・けがなどの事故に至る恐れがあります。