CUSTOMER REVIEWS

けやきの森保育園 栗原園 園長 齋藤 祐也さん けやきの森保育園 栗原園 園長 齋藤 祐也さん

「ピンポイント除菌と空間除菌を両立したい」
保育園がAQUA マイクロオゾンシリーズを選んだ理由

埼玉県新座市にある「けやきの森保育園栗原園」。0歳児〜5歳児が通うこの保育園は、
子供たちがのびのびと過ごせる家庭的な雰囲気を重視し、細やかに目の行き届いた保育が特徴です。
集団行動が主となる保育園で、どのようにAQUAのマイクロオゾンシリーズを活用しているのか。
齋藤園長にお聞きしました。
保育園での衛生対策において、
重視していることを教えてください。
保育園での衛生対策において、重視していることを教えてください。
(齋藤園長)保育園は、子供たちが“生活している場”です。日々の衛生対策において、私たち職員は、「子供たちにとっての安心安全とは何か」を追求し続けてきました。子供同士が関わり合いながら健やかに遊び、食事をし、お昼寝して過ごす中で、空間そのものの除菌と直接触れるものへのピンポイント除菌の両立は必須です。これまでは主に次亜塩素酸を用いて除菌対策をしてきましたが、子供の手肌に触れた時の安全性や希釈して使用することでの作業負担などが気になり、「他に何か良い衛生対策はないかな」と探し続けていました。その中で出会ったのが、AQUAのマイクロオゾンシリーズです。
マイクロオゾンシリーズ
導入の決め手は?
マイクロオゾンシリーズ導入の決め手は?
(齋藤園長)AQUAのマイクロオゾンシリーズを導入する決め手となったのは、安全性の高さとランニングコストの低さです。安全性に関しては、オゾンは自然界に存在する成分であり、除菌効果を発揮した後は酸素に戻る性質と知ったことで、「これならば子供たちにも安全だ」と納得して選ぶことができました。また、オゾン水スプレーは水道水を入れるだけで使えるので、次亜塩素酸と比べてもランニングコストをかなり抑えられます。また重たい原液を運んだり希釈する作業もなくなると考えると、コスト面と作業面、どちらの負担も軽減できることはとても魅力的でした。
オゾン水スプレーは
どのように活用していますか?
(齋藤園長)オゾン水スプレーは、ほぼ一日中使用しています。0〜2歳児の朝のおやつ、お昼ご飯、夕方のおやつと食事する前後は必ずテーブル周りを除菌し、加えてお昼寝の前後は床の除菌をしています。また、遊具やおもちゃ、階段の手すりやドアノブなど、園児が何か行動するたびに、触れた場所をオゾン水スプレーで除菌することがルーティーンです。次亜塩素酸を使っていた頃は、液がなくなるたびに原液が置いてあるトイレまで作りにいかなければならず、その間子供から目を離すことにもどかしさを感じていました。対してオゾン水スプレーは、教室内の水道からすぐに補充ができます。園児の嘔吐などイレギュラーな事態にもパッと対応できるので、すごく重宝しています。
オゾンガス発生器はどのように活用していますか?
(齋藤園長)オゾンガス発生器は1日中稼働させて、空間除菌をしています。ウイルスへの抗体が少ない0歳児の部屋から導入したのですが、オゾンが持つ脱臭効果のおかげで隣接するトイレの匂いまで軽減したと感じます。日中人がいる時間は濃度を低く設定して安全に除菌し、夜は1フロア全体を除菌できるように、濃度を高く設定してから退勤します。置いておくだけで24時間除菌してくれるので、毎朝きれいな空間から1日をスタートでき、とても心地よいです。
オゾンガス発生器はどのように活用していますか?
(齋藤園長)オゾンガス発生器は1日中稼働させて、空間除菌をしています。ウイルスへの抗体が少ない0歳児の部屋から導入したのですが、オゾンが持つ脱臭効果のおかげで隣接するトイレの匂いまで軽減したと感じます。日中人がいる時間は濃度を低く設定して安全に除菌し、夜は1フロア全体を除菌できるように、濃度を高く設定してから退勤します。置いておくだけで24時間除菌してくれるので、毎朝きれいな空間から1日をスタートでき、とても心地よいです。
マイクロオゾンシリーズを保育園で使ってみた感想をお願いします。
(齋藤園長)オゾン水スプレーで日中気になるところをピンポイント除菌、オゾンガス発生器は置いておくだけで24時間空間除菌。この組み合わせのおかげで、毎日安心して子供たちを迎え入れることができています。使い勝手が本当にいいので、今後はオゾン水スプレーを各部屋に1つずつ設置する方向で検討中です。あらゆるウィルスへの対策として、常に考えるべきは「子供たちにとって安心・安全であるか」。けやきの森保育園はこれからも、子供たちが安心してのびのび過ごせる空間作りを、続けていきます。
マイクロオゾンシリーズを保育園で使ってみた感想をお願いします。
TOPに戻る