冷凍習慣始めよう

料理研究家のゆーママさんに、慌ただしくなるこれからの季節にぴったりの
冷凍アイデアを教えてもらいました。愛用中の冷蔵庫「Delie」(デリエ)が強力サポート!

Delieの冷凍室は大容量の2段式。「上段はお肉、下段は野菜・・・と種類別に整理。同じサイズの保存袋に入れて立てて収納すると、探すのも管理もラクですよ」

ゆーママこと松本有美さん
料理研究家、カフェオーナー。
3人の息子を育てる中で生まれた手軽なレシピや冷凍つくりおきを活かしたお弁当づくりのコツを発信

冷凍を上手に使いこなせば
毎日の暮らしが
もっとラクに変わります

新学期に新入学・・・と、春は生活リズムが変わりやすい季節。バタバタしがちな時季を乗りきるために人気料理研究家・ゆーママさんが取り入れているのが、日々の料理やお弁当づくりをスムーズにするための冷凍ストックです。

「晩ごはんの支度のついでに、野菜を多めに切って野菜ミックスをつくったり、まとめ買いしたお肉に下味をつけておいたり・・・。そうした冷凍ストックがあれば、あとは電子レンジや鍋で火をとおすだけ。下味をつけるのが面倒なら、市販のたれを使ってもOKですよ」

 そんな冷凍習慣に欠かせないのが、大容量の冷凍室です。

「愛用しているAQUAのDelieは冷凍室が2段あってたっぷり入る上、長期間おいしさをキープできるのがうれしい。冷凍食材のメリットをフルに活用できて、毎日の料理がぐんとラクになりました」

Delie AQR-VZ43
ゆーママさんが愛用するのは、たっぷりストックできる152Lの冷凍室がついたタイプ。「冷凍室はもちろん、野菜室や冷蔵室も奥まで見渡しやすい。食材をムダにせず、新鮮なうちに使いきれます」
●定格内容積430L 幅600×奥行710×高さ1750mm

冷凍食材のおいしさを長くキープするための工夫がたくさんつまったDelieの冷凍室。
愛用中のゆーママさんが注目する、便利&うれしいポイントを紹介します

「おいシールド冷凍」なら冷凍がおいしく楽しく!

AQUA独自の冷凍技術により、食材が酸化する原因となる「霜」を防止。「肉や魚はもちろん、
野菜でも霜がつきにくいのは驚き。冷凍ストックの活用の幅も広がります」

おいシールド活躍
約30日間冷凍保存した牛ステーキ肉で比較。「おいシールド冷凍」なら写真のとおり、霜がつきにくく、従来品より肉のうま味残存率が約20%アップ
霜がつかないとおいしさが全然変わりますよ霜がつかないとおいしさが全然変わりますよ

奥まで引き出せるから出し入れラクラク

冷凍室はたっぷり入る2段収納。「スムーズに引き出せるので、奥の食材も取り出しやすい!
手前に古いもの、奥に新しいもの・・・など入れる順番を決めておくのも、ストック管理のコツ」

冷蔵室も

冷蔵室の棚板は2サイズ。組み合わせ次第で高さや奥行きの調整が可能。「下段は棚板をつけず広いスペースを確保。大きなお鍋もそのまま入れられます」

LED照明で明るく食材が探しやすいLED照明で明るく食材が探しやすい

とにかく明るく、目当ての食材がすぐに見つけられるとゆーママさんも絶賛。
「冷凍したのに、使いきれなかった・・・といった食材のムダもなくなりますね」

冷蔵室も

冷蔵室から野菜室が見えるのもDelieならでは。「冷蔵室を開けるだけで、買い物前のチェックもスムーズ。レシピを考えるのもラクです」
*冷凍室から野菜室が見えるのはAQUAの冷蔵庫の中でもDelieだけ

冷凍保存のQ&A

お肉が一度に使いきれない!
いちいち冷凍するのも面倒ですまとめてつくって下味冷凍しておけば忙しい日に大助かり
					  料理ついでに同じ味つけで下味をつけて冷凍がおすすめ!味がよくしみて柔らかくなり、解凍して焼くだけだから、忙しい日に重宝しますよお肉が一度に使いきれない!
いちいち冷凍するのも面倒ですまとめてつくって下味冷凍しておけば忙しい日に大助かり
					  料理ついでに同じ味つけで下味をつけて冷凍がおすすめ!味がよくしみて柔らかくなり、解凍して焼くだけだから、忙しい日に重宝しますよ

野菜の端材、もったいないけど上手に冷凍する方法はある?
					  オリジナル野菜ミックスをつくって冷凍しておけばとっても便利!野菜の端材は、カットして組み合わせて冷凍保存しておくと便利。ネギや大根の端の固い部分も、小さめにカットしておけば、みそ汁がすぐつくれます 野菜の端材、もったいないけど上手に冷凍する方法はある?
					  オリジナル野菜ミックスをつくって冷凍しておけばとっても便利!野菜の端材は、カットして組み合わせて冷凍保存しておくと便利。ネギや大根の端の固い部分も、小さめにカットしておけば、みそ汁がすぐつくれます 

※出典:ESSE 2022年4月号

ページトップ