おいシールド冷凍

たっぷり冷凍。
おいしさそのまま、長期間キープ。

作り置きも、まとめ買いも思いのまま。
素材の旨みや作りたてのおいしさを保ったまま
冷凍保存
できるから、忙しい日の食事づくりが
もっとラクラク、楽しくなっていきます。

おいしさがグーンと長持ち おいシールド冷凍

まとめ買いがラクラク。
みんなが笑顔になれる食事づくりは、
こだわりの冷凍性能が決め手。

いろいろな食材のおいしさを長持ちさせるおいシールド冷凍。市販の冷凍食品はもちろん、まとめ買いした肉、魚、野菜も、下味をつけておいた食材も、作り置きのおかずも、おいしさをキープしながら冷凍保存できます。おいしい食材がいつも身近にあると、毎日の食事が充実。家族の笑顔がどんどんひろがります。

※冷凍品質をわかりやすくお伝えするために、従来機種に使われていた「旬鮮フリーザー」の名称を「おいシールド冷凍」に変更しました。

見た目も、食感も、はっきり違う!

  • 約3ヶ月後のアイスクリーム、冷凍野菜も
    霜がつきにくい。

    おいシールド冷凍非搭載での冷凍保存/おいシールド冷凍搭載での冷凍保存 おいシールド冷凍非搭載での冷凍保存/おいシールド冷凍搭載での冷凍保存

    冷凍食品の長期保存にも効果を発揮。冷凍室内の冷凍食品の品揃えを充実させることができます。※1

  • おいシールド冷凍非搭載での冷凍保存/おいシールド冷凍搭載での冷凍保存 おいシールド冷凍非搭載での冷凍保存/おいシールド冷凍搭載での冷凍保存

    冷凍食品の長期保存にも効果を発揮。冷凍室内の冷凍食品の品揃えを充実させることができます。※1

ドリップ抑制機能で、うまみも食感もキープ。※2 ドリップ抑制機能で、うまみも食感もキープ。※2

室内の温度変化を抑えて、
おいしさを逃がさない。

ドリップ抑制機能

冷凍室内の温度は、ドア開閉や霜取り運転のたびに変化します。特に霜取り運転時は室内に暖気が入り込んで温度が上がるため、食材に含まれる水分が抜け出てしまいます。そして、抜け出た水分は、再び温度が下がると表面に霜として付着。この温度変化を繰り返すと、水分や旨みがどんどん抜けてしまい、「冷凍焼け」といわれる食材の乾燥や風味低下の原因になります。
AQUAの「おいシールド冷凍」は、霜取り運転時に暖気が冷凍室内に流入するのを防ぐ「ドリップ抑制機能」を搭載。
温度変化を抑えて、長期間おいしさを閉じ込めたまま冷凍保存します。

ドリップ抑制機能 温度上昇を約5℃抑制 ※当社AQR-SD40Bとの比較
ドリップ抑制機能のしくみ

冷気の出入り口に開閉式のフタを装備。
通常運転時は開き、霜取り運転時は閉まります。

通常運転時:フタをオープン。冷気をファンで送り込み冷凍室内を冷やす。 通常運転時:フタをオープン。冷気をファンで送り込み冷凍室内を冷やす。
霜取り運転時:フタをクローズ。霜を取るための暖気が冷凍室内に流入するのを防ぐ。 霜取り運転時:フタをクローズ。霜を取るための暖気が冷凍室内に流入するのを防ぐ。

おいシールド冷凍は、いいところがいっぱい。

  • ボタンを押して一気に冷凍。
    おいしさと食感を封じ込める。
    クイック冷凍※3

    約−30℃※4の冷気で急速冷凍。お肉や野菜はもちろん、下ごしらえをした食材や作り置きの料理もおいしく冷凍保存できます。また、解凍時の旨みの流出を防ぐ効果もあります。※5

  • クイック冷凍のお助けアイテム。
    フリージングトレイ

    熱伝導率に優れたアルミトレイを使えば、よりおいしいホームフリージングが可能です。

    ( AQR-VZ46J/AQR-VZ43J )

  1. ※1:試験条件/AQR-TZ51H(ドリップ抑制機能あり)とAQR-SV27H(ドリップ抑制機能なし)との比較。3ヶ月間冷凍室で保存。ドア開閉なし。賞味・消費期限を延ばす効果はなく、表記の保存期間を保証するものではありません。当社調べ。
  2. ※2:試験条件/AQR-TZ51HとAQR-SV27Gを各1台用意し、AQR-TZ51Hの冷凍室を試験区、AQR-SV27Gの冷凍室を対象区としました。保存期間を4週間とし、保存前及び保存後にそれぞれの項目を評価しました。牛ステーキ肉は解凍後、真空パックして70℃で60分間湯煎し、常温に戻してロース芯を測定。メバチマグロは冷蔵室で解凍後、そのまま測定しました。 試験結果/①牛ステーキ肉のグルタミン酸残存率=AQR-SV27G(ドリップ抑制機能なし)57.8%、 AQR-TZ51H(ドリップ抑制機能あり)77.3%。 ②メバチマグロの食感変化率=購入直後57N、AQR-SV27G(ドリップ抑制機能なし)209N、AQR-TZ51H(ドリップ抑制機能あり)110N。味香り戦略研究所調べ。
  3. ※3:クイック冷凍コーナーは60℃の食品まで対応可能です。熱いものをクイック冷凍する場合は、消費電力が約30%程度上がります。食品の間は約3cm以上離してください。
  4. ※4:約−30℃の冷気は吹き出し口の温度です。
  5. ※5:試験条件/牛ステーキ(もも肉)150gをラップ包装。当社従来機種(AQR-SD40B)は通常冷凍で冷凍室内にて冷凍。AQR-TZ51Hはクイック冷凍モードでクイック冷凍コーナーにて冷凍。冷凍後7日間冷凍室内で保存(外気温20℃、扉開閉なし)した後、旨み流出率を評価しました。試験結果/当社従来機種の通常冷凍2.03%、AQR-TZ51Hのクイック冷凍1.58%。当社調べ。

上から見渡す旬鮮野菜室

もっと野菜が食べたくなる、
“見える”野菜室。

何が入っているか手軽にチェックできるから、
野菜料理を作る楽しみ、食べる楽しみもアップ。
残さず使いきる
モチベーションアップにもつながりそう。

野菜が食べたくなる 上から見渡す旬鮮野菜室

野菜を使ったレシピが、わが家の定番に。

冷蔵室の扉を開けると、野菜室まで見渡せる新発想。わざわざ野菜室を開けてのぞかなくても、中に入っているものがひと目で確認できます。買い置きや使いかけの野菜を上手に使ったメニューで、毎日の食事をおいしく、バランスよく。食品ロス対策にもつながります。

立ったままの姿勢で、出し入れラクラク。

ラクな姿勢で出し入れできるよう、シンクの高さに近い位置に野菜室を設定。料理しながら野菜を取り出すときも、いちいちかがむ必要がありません。いろいろな大きさ、形の野菜をすっきりスムーズに収納できます。

買いものカゴ約1個分以上の野菜が入る収納力!※容量約33Lのカゴ 買いものカゴ約1個分以上の野菜が入る収納力!※容量約33Lのカゴ

鮮度長持ち、みずみずしさが違う!

  • 茄子、ほうれん草の乾燥を比較。
    1週間でここまで変わる!

    当社従来野菜室/旬鮮野菜室 当社従来野菜室/旬鮮野菜室
    乾燥率を約10.7% 抑制※1
  • 当社従来野菜室/旬鮮野菜室 当社従来野菜室/旬鮮野菜室
    乾燥率を約26.7% 抑制※1
ブロッコリーのうるおいを守る。(水分保持率 約16.8%アップ※1)/小松菜のビタミンの減少を抑える。(残存率が約30.1%アップ※1) ブロッコリーのうるおいを守る。(水分保持率 約16.8%アップ※1)/小松菜のビタミンの減少を抑える。(残存率が約30.1%アップ※1)

とれたてのようなおいしさと食感を
そのままに。

旬鮮野菜室
3つのこだわりで野菜のみずみずしさをキープ。葉物野菜のビタミンCも守ります。〈イメージ図〉
  1. こだわり1. 保存に適した温度

    おいしさを守る理想の温度帯を追求。
    当社従来品よりも低め(5〜7℃)に設定しています。

  2. こだわり2.湿度をコントロール

    野菜室内が乾燥時には、水分を送り込んで
    うるおいをキープ。湿度が高すぎるときには、
    野菜室の外に水分を放出して
    保存に適した環境をつくり、水腐れを防ぎます。

  3. こだわり3.冷気が当たりにくい

    野菜に直接冷気が当たりにくい構造を採用。
    乾燥を抑えて鮮度を保ちます。

フリーケース付き!

フリーケース付き!

350㎖缶がぴったり入る高さ。
庫内どこにでも使えるので
食材整理に便利!

  1. ※1:試験条件/AQR-VZ46J(旬鮮野菜室、調湿フィルター搭載)とAQR-SD42Dを各1台用意し、AQR-VZ46Jの野菜室を試験区、AQR-SD42Dの野菜室を対象区としました。保存期間を7日間とし、保存前及び保存後にそれぞれの項目を評価しました。当社調べ。
  2. ●上から見渡す旬鮮野菜室はAQR-VZ46J/AQR-VZ43Jのみに搭載されています。

フルワイド旬鮮チルド

おいしさも使いみちも、
ぐーんとワイド。

ひろびろサイズだから、食品トレイを並べて収納。
チルドルーム全体で温度切り替えできる機能を搭載。
生鮮食品の風味を長持ちさせながら、
毎日の“おいしい”を、もっとひろげていきます。

幅広パックもしっかり収納 フルワイド旬鮮チルド

フルワイドだから、たっぷり、
いろいろ、
便利に使える。

冷蔵室より低い温度で、うるおいを保ちながら食材の鮮度や風味をキープ。数日中に使う肉、魚、ハム、風味を保ちたいチーズ、納豆などの発酵食品をおいしく保存できます。庫内の左右いっぱいに使えるフルワイドだから、大きめの食品トレイも上に重ねずラクラク出し入れ。大皿に盛りつけたお刺身やサラダを、置いておくスペースとしても使えます。

トレイを重ねず並べやすい

パサつき、変色をしっかり抑える!

  • ハムのしっとり食感をキープ。

    冷蔵室での保存/フルワイド旬鮮チルドルームでの保存 冷蔵室での保存/フルワイド旬鮮チルドルームでの保存
    乾燥を約18.4%抑制※1
  • マグロの変色を防ぐ。

    冷蔵室での保存/フルワイド旬鮮チルドルームでの保存 冷蔵室での保存/フルワイド旬鮮チルドルームでの保存
    変色を約9.4%抑制※1

うるおいを保ちながら、
すばやく冷やす。

湿度コントロール×スピード冷却

チルドルームの奥にHCS-C*フィルターを搭載。ルーム内の冷気にうるおいをプラスして、食品の乾燥を防ぎます。*HCS-CはHumidity Control System-Chilledの略称です。

ケース扉の開閉時:フィルターが外気の水分を吸収。〈イメージ図〉 ケース扉の開閉時:フィルターが外気の水分を吸収。〈イメージ図〉
チルド運転中:吸収した水分を、ルーム内に放出。〈イメージ図〉 チルド運転中:吸収した水分を、ルーム内に放出。〈イメージ図〉

食材にあわせて、温度が選べる。

温度切替

通常(約0℃~2℃)と低温(約-2℃~0℃)の2段階。
食材にあわせて設定温度をお選びいただけます。※2

通常:発酵食品、練り製品など/低温:肉・魚介類などの生鮮食品 *食材の一例です。
  1. ※1:試験条件/AQR-VZ46Jを1台用意し、フルワイド旬鮮チルドルームを試験区、冷蔵室を対象区として実施。保存期間を3日間とし、保存前及び保存後にそれぞれの項目を評価しました。試験結果/①ハムの乾燥率=冷蔵室保存後26.3%、旬鮮チルドルーム保存後7.9%。②マグロの変色率=冷蔵室保存後73.5%、旬鮮チルドルーム保存後64.1%。当社調べ。
  2. ※2:通常と低温の食材を一緒に入れる場合は、凍結を防ぐため通常(約0℃~2℃)設定にしてください。周囲の温度や使用状況によってチルドルーム内の温度は若干変動する場合があります。食品表面の水分が凍結することがあります。温度切替の設定を通常から低温に設定した場合は、消費電力量が約2%程度上がります。

便利な収納

「あっ、入らない!」も、
棚の高さと奥行きを変えてラクに収納。
ガラス棚(ノーマル/ハーフ)

棚板はノーマルとハーフの2種類をご用意。組み合わせて使うことで、棚の高さや奥行きを調節できるので、背の高いボトルやお鍋もそのまま入ります。

下2段分は棚板をつけず広いスペースを確保。大きなお鍋もラクに出し入れ。 下2段分は棚板をつけず広いスペースを確保。大きなお鍋もラクに出し入れ。
ハーフサイズの棚板を一段おきに。高さと奥行きを活かして上手に収納。 ハーフサイズの棚板を一段おきに。高さと奥行きを活かして上手に収納。
下から2段目までハーフサイズの棚板に。背の高いボトルも余裕で収納。 下から2段目までハーフサイズの棚板に。背の高いボトルも余裕で収納。

迷子になりがちなチューブはここに整理。
卵皿&チューブスタンド

チューブ類を取り出しやすい収納スタンド付き。卵はパックのままでも、パックから取り出しても収納できます。

卵皿をセットすると卵12個収納可能 卵皿をセットすると卵12個収納可能

使い勝手のいい、ワイドなドアポケット。
ボトル&ドレッシングポケット

奥と手前、2列あわせて、2ℓサイズのペットボトルを合計7本入れることができます。※1

袋入りの調味料や小さな野菜も見つけやすい。
小物ケース

チルドルーム上部に小物ケースを装備。小さな容器や袋に入った食品、スパイス、使いかけの食品など、奥に埋もれてしまいがちなものを収納するのに便利です。

  1. ※1:ペットボトルの形状によっては収納できない場合があります。

簡単お手入れ

丈夫なガラスで、お手入れもカンタン。
全段強化処理ガラス棚

重いお鍋を置いてもたわまない強化処理ガラスを全棚に採用。ニオイうつりが少なく、汚れてもサッと拭き取れます。

全室LED照明

多灯設計で庫内全体を明るく、見やすく。
全室LED照明

冷蔵室を左右から照らすLED照明を搭載し、より明るく見やすく。

さらに、冷凍室も含む全室をLED庫内灯で照らし、スムーズな食材探しを助けます。

上段、下段の奥に入れた食材も見やすい。 上段、下段の奥に入れた食材も見やすい。
  1. ●全室LED照明はAQR-VZ46J/AQR-VZ43Jのみに搭載されています。

クイック製氷

約60分で氷が作れる、クイック製氷モード
搭載。※1 自動製氷機能

製氷ユニットをはずせば、冷凍食品の収納スペースに早変わり。
コントロールパネルの製氷ボタンを押すと、通常より短時間で
氷が作れる「クイック製氷」に切り替えることができます。

氷をたっぷりストック(最大貯氷量200個※2)>製氷ユニットをはずすと>冷凍食品の収納力UP(食品収納スペースが4L増!!) 氷をたっぷりストック(最大貯氷量200個※2)>製氷ユニットをはずすと>冷凍食品の収納力UP(食品収納スペースが4L増!!)

給水タンクと製氷皿は取りはずして
水洗いできる清潔設計です。

※製氷ユニットは水洗いできません。

  1. ※1:クイック製氷時、周囲温度32℃、ドア開閉なしの場合。当社調べ。製氷能力は冷蔵庫の使用状況や外気温度で変わります。
  2. ※2:氷を平らにした場合。

AQUA独自の優れた省エネ性能を実現 AQUA独自の優れた省エネ性能を実現

断熱性能に優れた
高性能真空断熱材を採用

真空断熱材搭載

一般的に使われているウレタンに加え、より断熱性に優れた真空断熱材を搭載し、省エネ効果をアップしました。

高効率インバーター
コンプレッサを採用

モーター効率の改善により、
庫内温度に合わせて細やかに運転制御します。

暖気の侵入を防ぎ、
冷凍室の霜取り運転時間を短縮

おいシールド冷凍
(ドリップ抑制機能)

霜取り運転時には、冷却ファンのカバーが動いて風路をさえぎり、ヒーターの熱を効率よく霜取りに使うことで省エネ効果を高めます。

お出かけ時やお休み時は
おさいふにうれしい

節約ecoモード※1

食品への影響が少ない範囲で冷凍室の庫内温度を調整(約1~2℃高め)にできるモードを搭載。最大約3%の節電が可能です。

  1. ※1:日本工業規格(JIS C 9801-3:2015)に基づき算出された消費電力量とは異なります。室温32℃の場合、通常運転時:0.80kWh/日、節約ecoモード時:0.78kWh/日。設置環境及び使用状況によって効果が異なります。冷凍室の温度調整を「中」より弱側に設定した場合は、節約ecoモードの運転は行いません。