AQUA

MENU

DAYS with AQUA|Interview

AQUAの製品を愛用するみなさんの、#AQUAのある暮らし。

Vol.02
Vol.02 HAND ROOM デザイナー&パタンナー 岡田安彦 #AQUAのある暮らし。
超音波で洗う。これからの洗い方。

Profile

自身のアトリエでインタビューに答えてくれた岡田さん。

岡田安彦(おかだ やすひこ)
HAND ROOM クリエイティブディレクター。元TABLOID NEWSパタンナー。メンズパタンナー、企画コンサルタントとして多くのコレクションブランド、ドメスティックブランドをクライアントに持つ。

HAND ROOMサイト
http://handroom.jp/

超音波洗浄が洗濯機と一緒になった驚き

AQUAの洗濯機の特長の一つである【らくらくSONIC】を使ってみた印象は?

「家庭で使えることも驚きですけど、洗濯機に一緒にくっつけちゃった、というのは『その手があったか』と。
エリやソデなどの油汚れは、部分洗い用洗剤を使って別に洗っていたものが、1つの洗濯機の中でスムーズにできて。すごく使い勝手が良いですね。」

服を大事にしてもらえる環境も大事

自身のブランドのコンセプトの一つが“長く着続けてもらえる服”。「長く着続けてもらうために、僕たちが安定して同じものを作り続けるっていう環境も大事ですけど、買った人が、家でちゃんとその服を大事にしてもらえるっていう環境も大事で。

AQUAの洗濯機は、優しく洗っているのにしっかり汚れが落ちていて、脱水が終わった後も(洗濯物同士の)絡みが少なくてほどけやすいので、服へのダメージが少ないんだなーって、実感しました。」

安心して任せられるAQUAの洗濯機との関係

Tシャツやジーンズなどベーシックなアイテムを中心に手掛けている岡田さん。「日常的に使うものだから、縫製やパターン、素材にこだわって、シンプルだけど、『今日は何を着ようかな』と思った時に、パッと手に取る服を目指していて。

だから普通に洗濯機に放り込んで、何も考えずに洗って、干して、次の日着る、みたいな。ルーティーンにストレスが感じられないように、安心して着続けてもらうことを想像しながらモノを作っています。自分とAQUAの洗濯機との関係も似ていて、一度使って安心して、それ以降は(洗濯を)任せられる。一つの理想ですよね。」

Back Number