AQUA

MENU

洗いのプロ

AQUAは1953年に日本で初めて噴流型洗濯機の発売を開始して以来※1、常に生活者の悩みに向き合い、時代のニーズに合わせた洗濯機の開発を続けて参りました。 業務用洗濯機の業界トップシェア※2でもあるAQUAは“洗い”のプロとして「おろしたての毎日」をサポート致します。

3つのポイント

  • POINT1

    コインランドリーNo.1シェア

    なんと、日本のコインランドリー向け洗濯機の約70%以上(※2)がAQUAの洗濯機!1971年に国産で初めて業務用洗濯機機を開発・販売した当初の三洋電機時代から現在までコインランドリーで日本の洗濯シーンを支えてきました。
  • POINT2

    日本&世界初を生み出す技術

    AQUAには三洋電機時代からの技術を受け継ぐ職人が多数在籍しています。京都にある研究所では日々、洗濯機企画者やエンジニアが画期的な技術で様々な商品を開発しています。その結果多数の日本・世界初を生み出してきました。
  • POINT3

    洗いにこだわり続けた歴史

    三洋電機時代から現在のAQUAに至るまで、私たちは洗濯事情に向き合い、今の社会にどんな洗濯機が必要か考え抜いてきました。”洗い”にこだわり、約70年。これからも”洗い”のプロとして、洗濯に向き合い続けます。
※1. 1953~2011年は事業継承以前の三洋電機として
※2. コインランドリー機器出荷台数(2018年1月~6月)において(当社調べ)

いつの時代も汚れと真撃に向き合っていた、洗濯の歴史

1953年
日本初
当時の洗濯は洗濯板タライでこすって汚れを落とす重労働でした。その労働は3年で象一頭分であり、それを機械ができれば歓迎されるだろうと三洋電機の創業者は考えました。三洋電機時代には噴流式洗濯機を発売したことで当時の悩みを解決しました。[SW-53]
1955年
初期の製造ライン
日本初
噴流式の「一定の水量を使う必要がある」という課題を、洗濯物の量に合わせて水を節約できる渦巻き式水流が解決しました。[SW-56]
1956年
日本初
デリケートな合成繊維衣料が増えるにつれ、洗濯機には「衣類を傷めない」という要望が強くなっていました。内臓ポンプにより噴射水流で洗うことができる日本初のジェット水流はそんな要望に答えました。[SW-2000]
1958年
日本初
マジックターン方式を採用。[SW-36]
1960年
日本初
物干しのいらない洗濯機と話題に。脱水乾燥洗濯機(二槽式)を発売 。[SW-400]
滋賀工場正門において
1966年
日本初
日本が忙しい高度経済成長期だからこそ生まれた「洗いから乾燥までの全自動」の洗濯機です。
[CD-300 / SW-500]
家電製品といえば「白モノ」という時代にお客様の「カラー化」の波をいち早くキャッチしました。カラーママトップ発売。[SW-406]
1967年
日本初 マイコンタイプの二槽式洗濯機を発売。[SW-701S]
1968年
日本初 6段水流採用。[SW-1600] 
1969年
日本初 洗濯の手間が省けても洗濯物に点々とつく糸くずは悩みの種でした。それを洗いながら回収するこのフィルターは画期的な技術でした。糸くずフィルター採用。[SW-763]
1970年
全面オールプラスチック洗濯機を発売。
1971年
日本初
当時、洗濯機を持たない人々に洗濯の利便を提供し、人件費のかからないセルフクリーニングビジネスを成長させました。これは日本初のコイン式全自動洗濯機を発売でした。翌年にはコイン式衣類乾燥機を発売もあったことで、この時代からコインランドリーの世界をリードし、現在に至っています。[SW-5100C]
1972年
日本初 二槽式洗濯機では給水やすすぎ時にうっかり水の止め忘れを起こしがちでした。そんなお客様の「知らせてほしい」の声から生まれたのが満水ブザー付き二槽式洗濯機でした。[SW-6202]
1975年
日本初
流体バランス方式採用全自動洗濯機を発売。洗濯槽上部の外周部分は脱水で高速回転する際、バランスを取りやすいよう重くなっています。従来はコンクリートのかたまりで作られていましたが、それを液体にしました。流体バランス方式採用全自動洗濯機は槽内で偏った衣類の反対に液体が流れる性質を利用し、バランス性能アップと騒音削減を実現しました。[SW-8000]
1978年
着脱式で掃除も簡単な「循環式糸くずフィルター」発売。 [ASW-555]
1980年
日本初
時代を先取り、分け洗いの提案をしました。2つの洗濯槽で同時に分け洗いすることで洗濯時間の短縮につながります。全自洗と二槽洗がひとつになったクロスウォッシャー発売 。[SW-003]
1981年
生活習慣の洋風化でカーテンや毛布などの大物素材が増加、手洗いの辛さやクリーニング代節約などを理由に80%のお客様が「毛布を洗濯機で洗いたい」とお望みでした。毛布も洗える大型全自動洗濯機を発売。[ASW-L360]
1983年
世界初
Lプールに洗い後の洗濯液や2回目のすすぎ水を貯めておくことで次の洗濯に利用できるというシステムで洗濯こだわり型ユーザーに受け入れられました。洗濯液を再利用して節約、Lプール付き全自動洗濯機を開発。[ASW-L333]
1985年
水温を感じて洗い方を変える「全温手もみL」を発売。
[ASW-S36M ASW-L36M]
1988年
共働きの増加核家族化が一層進み、夜の洗濯が増えたことにより、振動・静音化時代が幕開けました。脱水機のガタガタとした音は何よりの気がかりでしたが、この商品の使用により音がほとんど響かなくなりました。「日本初」洗濯中の振動を抑えた全自動洗濯機「ゆれんどりー」を発売。[ASW-450M]
日本初 「日本初」衣類の雑菌を退治する「キンコロコース」採用。衣類乾燥機を発売。[CD-380M]
1989年
日本初
音を抑える都市型洗濯機で音への不安を軽減。おやすみ中の赤ちゃんやマンションの階下にも安心です。足者からの音漏れをカットサイレントパン採用全自動洗濯機。[ASW-451T]
1990年
ファジー時代、「かしこい洗濯機」始まる、ファジー制御+洗剤溶かし水流
「とけトロンファジー」採用全自動洗濯機を発売。
[ASW-60VI ASW-50VI]
1991年
日本初
洗剤の入れすぎを防ぎ、環境への配慮ができる洗濯量目安サインも三洋電機時代に始めたことです。洗剤量目安表示付全自動洗濯機を発売。 [ASW-60V3]
1994年
日本初 このシャワーすすぎでは水道約30%カットを実現、より環境に優しい洗濯になりました。シャワーすすぎを開発。水道代約30%節約を実現。[ASW-50A1]
1995年
業界初
風呂水浄化ポンプ採用、水道水はバケツ一杯分で洗濯可能。[ASW-60Z1]
1998年
世界初
ミクロの気泡による超音波の衝撃波が洗剤を溶かし汚れをはがします。
気泡によって布の傷みも軽減。[ASW-EP80A]
1999年
世界初
少ない水量でも高洗浄を実現、しかも手前に槽が傾くので楽に衣類が取り出せます。ななめドラムで高いかくはん効果、10%節水で、高洗浄を実現。[ASW-EP800]
2001年
世界初
2000年に入ると、個人・企業問わず、今まで以上に自らの価値基準、オリジナリティが重要な時代となりました。洗剤の使用量を減らし、少しでも環境への負荷が減らせることにチャレンジしました。電解水で「洗剤ゼロコース」「除菌」を実現、ハイブリッド洗濯の提案。 [ASW-ZR800]
2002年
日本初
上から開いて取り出しやすいドラム式洗濯乾燥機を発売(日本初)日本ではタテ型が主流でしたが欧州ではドラム式が常識だった時代に、洗濯乾燥機でも使い勝手を第一に考えました。[AWD-A845Z]
2006年
世界初 オゾンの力で有機物分解・除菌・消臭 「空気で洗う」 エアウォッシュ機能のドラム式洗濯乾燥機発売。[AWD-AQ1]
2007年
世界初 業界初 空気のチカラで除菌・汚れ分解、消臭「エアウォッシュワイド」、風呂水までキレイに除菌・浄化して使う洗濯実現「アクアループ・ワイド」発売。[AWD-AQ2000]
2008年
世界初 オゾンの力で除菌/消臭/汚れ分解 “エアウォッシュ” 発売。 
[AWD-AQ3000型]
2009年
業界初 「オゾンすすぎ」 「高速シャワーすすぎ」 / 業界初、節水効率を高めた 「新型オゾン発生器」採用 のドラム式洗濯乾燥機発売。
[AWD-AQ4000]
2012年
三洋電機の一部事業を継承し、「心地よさ、という品質。」を実現するブランドを目指しAQUA誕生。
2014年
高い洗浄力と節水を両立した『ツインウォッシュシリーズ』を発売。
[AQW-VW1000C他]
独自のDDMモーターで「電気代約1円洗濯」全自動洗濯機を発売
[AQW-VW700C他]
2016年
中が見える洗濯の様子が確認できる、『ガラストップシリーズ』の全自動洗濯機を発売。洗濯中の様子が見える画期的な商品で、AQUA洗濯機の代名詞になりました。[AQW-GV70G他]
世界初
世界初!手のひらサイズのハンディ洗濯機COTON発売。[HCW-HW1]
毎日洗いたいけど洗えないものが多い悩みを解決するため、水を使わず空気で洗う(除菌、消臭)!衣類エアウオッシャー『Racooon』発売。[AHW-SR1]
2018年
「衣類のアンチエイジング」を目指したフラッグシップGTWシリーズを発売。[AQW-GTW100G AQW-GTW90G]
2019年
業界初
業界初!P&Gと共同開発した『ジェルボールコース』搭載の全自動洗濯機・ 洗濯乾燥機7機種を発売。